酸化したものを本来の状態に戻す”リバース溶液”とは?

「リバース溶液」ってなに?

 

「自然に還す」に着目した、酵素培養液。

    • 「リバース溶液」とは、酸化したものを本来の状態に戻すという“酸化還元能力”に優れた、天然由来の発酵製品(酵素培養液)です。
    • 空気中に存在する酵母菌、乳酸菌などの各種発酵菌にエサ(天然原料)を与えて培養し、生産物質(イオン化したナトリウムやカリウムほか、人にとって有用な必須ミネラル)を作ります。これらは全て自然由来のもので、人が食べても安心なものです。

 

    • 発酵期間は、約3年。長い時間をかけて培養することで、その液体中にはさまざまな効果を持つ生産物質が多量に発生。9年ほど前、建材に活用しはじめた開発当初は、1年間の発酵期間でした。現在はさらに3年間発酵させることで、よりミネラル成分が増加しています。

 

  • 全ての製品に、リバース溶液を添加・展着しています。このリバース溶液には、酸化を防ぎ、鮮度を保つ働きがあることが分かっています。さらに、リバース溶液の抗酸化能力は、研究機関でも立証されており、安全性も確認されています。

 

 

【リバース溶液の働き】

  • ■ 有害化学物質の分解・低減
  • ■ 消臭効果
  • ■ 酸化の抑制 ※ 酸化したものを元に戻す酸化還元能力
  • ■ 鮮度保持

 

 

【リバース溶液を展着したパックでの実験】

リバース溶液を付着してつくられた「テラパック」に入れた実験結果です。
リバース溶液には、「鮮度を保つ力」があることが分かります。

(A)テラパックに入れたブロッコリー
14日後/ほぼ状態は変わっていません。

(B)テラパックに入っていないブロッコリー
14日後/時間相当の傷みが出ています。