ストレスは”老化”の原因。「抗酸化力」をつけて健康生活

m030240

日常生活している中で、必ずストレスはあります。

ストレスを抱え込んでしまうと、体に悪影響を及ぼします。

ストレスは、活性酸素を増やしそれが「老化」につながります。

 

老化とは「カラダが酸化し、錆び付いてしまうこと」です。

カラダが酸化するコトを防ぐには、活性酸素の発生を抑えるコト。

その原因となるのが、ストレス。

ストレスをなくためには、自分が好きなコトとすることです。

これが「抗酸化力」を高める方法の一つです。

 

 

■自分の好きなコトをする

スポーツが好きな人は、まずはカラダを動かす時間を作りましょう。

ランニングをしたり、テニスをしたり、サーフィンをしたりなど。

カラダを動かして、心身ともにリラックスすることができます。

 

時間をゆったりしたい人は、リラックスできる時間をつくりましょう。

家で映画を見たり、読書をしたり、音楽を聞いたりなど。

余計なことを考えないで、自分だけの空間を作ることでスッキリします。

 

「老化」の原因となるストレスをできるだけなくす生活をしませんか?

これが抗酸化力を高める健康生活につながっていきます。