そもそも「抗酸化」って何?簡単にお答えします!

m010216 (1)

いつも健康でいるために、「抗酸化」を考えて毎日を過ごす。

「抗酸化」は、健康に必要なことだとはわかりますが、そもそも抗酸化ってどういうことなの?

難しく解説するとわかりにくいので、簡単に説明します。

 

■活性酸素の働きを防ぐ

抗酸化に必ず関係してくるのは、「活性酸素」。

一見活発でパワーがありそうな言葉なので、健康によさそうと思われます。

実は、この「活性酸素」が大きく抗酸化に影響してきます。

 

人は、酸素を吸って毎日を生活しています。

酸素を吸って、体内で栄養素と結びついてエネルギーを作り出しています。

酸素を吸わないとエネルギーが作られません。

しかし、必要以上の酸素を体内に入れてしまうと、その酸素は余ってしまい酸化してしまいます。

 

「酸化=錆びた状態」ということです。

金属が錆びてしまったら、どんどん腐敗したり、壊れてきますのね?

これが体内で同じコトが起きています。

カラダが酸化していくと、生活習慣病に影響するといわれています。

 

「活性酸素を取り除き、カラダを錆びさせないこと」

これが、抗酸化です。

生活習慣病の予防や老化を防ぐこと、健康でいること。

抗酸化って、とても必要なことですね。